薄毛対策には育毛剤よりも水です(検証中)

今まではほぼ一日中コーヒーを飲んでいる生活でした。

しかもインスタントコーヒーです。

習慣なのでやめるにやめられないのですが、口の中が気持ち悪くなってきたので午後は浄水器の水ばかり飲んでいたのです。

その日の夜に洗髪したときにあることに気付きました。

抜け毛の量が少なくなっていたのです。

私は毎日数えています。

いつもは80本前後は抜けます。

多いときだと100本を超えます。

今まで育毛剤やらサプリメントやらとにかく常識的な薄毛対策をしてきましたが、この抜け毛の量はなかなか減りませんでした。

その日は一気に減って40本程度でした。

もしかして水を飲んでいたことと関係があるのかなと思い、ネットで調べてみました。

検索キーワードは「水を飲む 薄毛」です。

すると見事に薄毛には水を飲むことがいいという記述がたくさん出てきました。

原理は簡単で、積極的に水分を摂らないと血液の粘度が高くなり(つまりドロドロ)、頭皮に栄養分がきちんと行き渡らないということです。

水分といってもジュースやお茶やコーヒーではダメです。

糖分をはじめとするいろんなものが混じっているからです。

純粋に水、できればミネラルウォーターがいいということです。

そういうわけでスーパーでミネラルウォーターを買ってきてせっせと飲んでいます。

だいたい1日に1本(1.5L)を飲んでいます。

シャンプー時の抜け毛の量は少ない状態をキープできています。

頭頂部の髪にコシが出てきたような感じもします。

この効果が本物ならほんと素晴らしいことです。

育毛剤もサプリもいりません。

手応えありの検証は続きます。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP